スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の晩酌#001。

酒と肴の話 2014/02/28 Fri
どうもowlです。

Facebookで勝手に連載している「今週の晩酌コーナー」笑

今週からマジメに記録していこうと思います(*゚∀゚)ノ

と,いうわけで記念すべきに#001。

今年は日本酒を学ぼうと思いまして,「SAKELIFE」というサイトに登録させていただいております。

定額で毎月日本酒を送ってきてくれるってやつです。

さてさて,本日はそんなSAKELIFEから2月分…ではなく1月分笑

なかなか開ける機会がなくてのばしのばしになってたのですが,そろそろ今月分が送られてきちゃったので開けました笑

というわけで,1月分は石川県能登「竹葉 しずく」です。
竹葉・しずく

お米は能登五百万石,精米暮靄60%。

メルマガによると全国で300本だけの限定販売だとか。

“しずく”というのは製法の名前で,人為的に圧力をかけて一気に絞るのではなく,重力を使って1滴1滴自然に絞る手法。

この方法だと雑味が減り,日本酒本来の味わいを保つ事ができるそうです。

香りはほとんどなし。第一印象にそぐわず,口に含んだ習慣に一気に甘み,それも実に重厚な甘みが広がります。

しかしながら,嫌な残り方はせず,すっと消えていく。

実感のアルコール度数はちょっと高めかな。

うーん,日本酒はよくわからないのでコメントしずらいんですが,これは美味しい部類なんじゃないかなと思います。

おつまみは,先輩のおみやげ“永井食堂”のもつ煮。

群馬3大おいしいもの(当社比)の1つです。

濃い味付けにも負けないしっかりとしたお酒でぴったりでした。

では本日はこのへんで,

解散。
スポンサーサイト

塩の話。

独り言 2014/02/27 Thu
どうもowlです。

今朝気づきました。
塩もJT,確か。
メキシコ産。

毎日使っているお塩は地球の裏側から来たんだね。

1粒の塩にも,無限の世界。

塩と言えば,南米ウユニ塩湖。

一度は行ってみたい。

本日はここまで。

では解散。

「これだから素人は…。」

日々の話 2014/02/17 Mon
どうもowlです。

いやー,2週連続で大雪でしたね!

先々週は土曜日だったからまだよかったんですが,

いや,よくなかったんですが,

先週は勤務日だったんで,なかなか大変でした。

いちおう帰宅許可は出たんですが,

まあ,いけるっぺでいたらあれよあれよで悪天候に。

我は歩いて帰れるからまだよかったですけど,

大変な人は大変だったみたいですわ苦笑

そういえば,今朝先輩が雪かきしてないことにぶーすか言ってましてね,

先輩「サラリーマンが雪かきできるわけないじゃん!誰かやれよ!!東北の人とかどうしてんのよ!?」

我「…雪が降った日は早起きして雪かいてから出勤です。てか,かかないと出勤できないです。」

先輩「Σ(°口°;)」

普段雪の降らない地域のみなさま,

雪はかかないとなくならないし,

日が出る前にかかないと地獄を見ます。

今週も雪の予報…今週こそほどほどにしてください。

では本日はこのへんで,

解散。


万能細胞。

独り言 2014/02/07 Fri
どうもowlです。

先週のことになりますが,

小保方さんによるSTAP細胞の発見。

研究室の先輩くらいの年の方の成果ということで,

しかも着想は我くらいの年の時ということで,

すごいなーと思うのと情けないなと思う半々。

うちの役員もよく「成果のなる研究の着想は30まで」って言っとるし,

映画「風立ちぬ」でも「技術者は10年が勝負」とあったように,

技術者として今が勝負なのかなと感じている次第であります。

さて,

たぶんどこの技術系部署でも小保方さんの成功に関するお話があったんじゃないかと思いますが,

例によってうちでもありましてね,

例によってやっぱり間違った捉え方をしてるんじゃないかって中身でしたね。

「リケジョがんばれ!」とか「若い人がんばれ!」とかね。

たぶんその考え方を改めない限りイノベーションはないかな。

我が思うにポイントは1つに集約される。

常識とか若いとか女の子とか関係なく,まずはしっかり見る,聞く。

そして結果のみを客観的に判断する。

小保方さんがSTAP細胞を発見したときの話,

目の前で起こってる現象を素直に捉えたことで見つけられた。

採用した理研は,常識的に反していても,客観的に可能性があると思ったから採用した。

んで,予算も人も付けてくれた。

だからこそ今回の発見があったんじゃないかな。

そこには若いからとか女性だからとかそんなのは関係なかったと思う。

努力して,成果を出してることを客観的に評価して,

それを応援しただけ。

年功序列とか肩書きとか,まずそこを見てから話を聞くかどうか決めてるようじゃダメだよね。

それじゃ結局今までと変わらないよ。

イノベーションは起こらないよ。

まっ,日本だけとは言わないけどね。

天下のNatureさんも何回もリジェクトしたらしいね。

まっ,それより問題なのは,

報道があってから1週間もたってるのに,

このニュースのこと「?」って顔して聞いてた人だと思うけどね。

職業研究者としてあるまじきな気がするよ。

では解散。

雪が降りました。

日々の話 2014/02/06 Thu
どうもowlです。

ちょっと前ですが,ひっさびさに雪が降りました。

朝凍ってたよ。

たぶん関東きてから初ってくらいバッサバッサと。

雪はいいね,心が静まる。

では解散。

Mdについてのツイートを読んでからの。

どうもowlです。

わかばブログのMdについてのツイートを読んで,

なるほどなーと頷く。

しかも軽んじている割には,バンドにとって必須な楽器だってなんとなく感じてるから,

ある程度できる人ばっかりに頼んでしまって,

なかなか育ててもらえてないのも,若手が少ない理由なのかなと思う次第です。

カット,ソロに加えて,空気的に「コーラスもやるんでしょ?」ってなってるから,

まぁ,先輩としてはそこまで指導するのはめんどくさいしなーって思うと,

ついついできる子に頼んでしまう。

そうすると,バンドの偏りができる→バンドないマンドリンはいなくなる→マンドリンが減る,

っていうサイクルな気がする。

うん,もしかしたらコーラスがネックなのかもしれない!

色々バンドを組んだ身としては,コーラスが重要なことは否定できなくて,

声質,音域やっぱりほしいところはあるよね。

とりあえずベースとマンドリンは歌うっしょ?って空気があるから,

コーラスのことを考えると,どうしてもマンドリンが偏ってしまうのかもしれない…。

でも,別にマンドリンがコーラスやるルールはないわけで,

フィドルでもバンジョーでもベースでもコーラスすればいいと思うんだよね。

どうしてもマンドリンのコーラスがほしいなら,手間を惜しまずに教えればいいのに…。

半年くらいがんばればできるようになるって!笑

いや,まあマンドリンだけではないと思うんだけど,

プレイヤー1人しっかり育てられてこそ,プレイヤーとして1人前なのかなと思うので,

現役生,特に上級生には,後輩とバンドを組んであげてほしなと思う次第です。

特に1年生と。

話がブレブレですが,今日はこのへんで,

解散。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。