箱根フェス2014〜そしてこれから〜

どうもowlです。

今年も箱根フェスが終わってしまいました。

関東に住んで4年目,

色々な人に名前を覚えてもらえて,もうホームグラウンドといってもいいかもしれない。

ついに司会やらされたし笑

さて,

フェスの雑感に関しては某SNSに書いたのでここでは省略して個人的な話題をば。

今年の箱根の最大のできごとはNEW WOODY BELLでギターを弾かせてもらったこと。

初めて観た時からずーっと目標にしていたバンドだったし,

正規ギターの四郎さんのギターもずっと目標だったので,

声をかけてもらったときは最高にうれしかったです。

その反面,

ファンの多いバンドだし,

どこの馬の骨かもわからんやつが弾いてるだっていう怒り的なもの?もあったりしたらと,

かなりプレッシャーもありました。

せっかくやるんだから,メンバーの方にやっぱり四郎さんの方がいいとか言われないようにしたいし。

ステージ事態はかなりリラックスして弾けたけど,

まだまだコンビネーションができていないというか,

邪魔してしまったところが多かったなという印象。

結果的には我が入ったサウンドもなかなか好評だったようで,一安心はしていますが。

いつものサウンドに慣れしたしんでいるので,

ちょったパンチが足らなかったかなというのは個人的な反省。

高いレベルで完成されているバンドなので,そのへんはマジ難しいす。

ブルーグラス・ギターを初めて8年になるのかな?

やっと目標としていたところに立てたのは1つのゴールにたどり着けたのかなと思ってます。

でもこれがスタートで,

やっぱり一流のプレイヤーは1音1音の情報が多いなってのがNEW WOODY BELLに参加して感じたこと。

次はそのレベルまで高めていかないとな…。

もちろんリードのときのミスタッチとか初歩的なところも改善していかないと…。

先は長いです。

今年はコレともう1つ,ブルーグラス的にターニングポイントになりそうなことがあります。

良くも悪くも自分と音楽との関係を見直すいい機会になるかもしれませんね。

たまには深い話題をば,

本日はこのへんで,

解散。
スポンサーサイト

「前から5両,籠原止まりです。」第3話。

本の話 2014/08/25 Mon
どうもowlです。

そんな「お前はまだグンマを知らない」ですが,

グンマ県人にはもうツボのとしか言えないあるあるが多数,

鉄板の上毛カルタネタからはじまり,

運動会の組み分けが山の名前(グンマ三山+αってのが定説)とか,

各名所の紹介とかとか…いやーめっちゃおもしろんだけどなー。

あと謎にトチギと戦争してます。

やつらはしもつかれを食べることで真のトチギ人になるそうです。

ということで,

この前ライブのときにたまたま持っていた2巻をバンドメンバー他に読ませてみたんですが,

(M°∀°)「画が恐い…。」

(Y°∀°)「へートチギと戦争してんだー。」

(E°∀°)「ふーん。」

…(ρд;)

せめてさいたま県民には同意してほしかったな…。

と,いうわけで,

超内輪ネタマンガではありますが,一度読んでください!

「お前はまだグンマを知らない」,

オススメです!

では本日はこのへんで,

解散。

「前から5両,籠原止まりです。」第2話。

本の話 2014/08/22 Fri

どうもowlです。

さて「お前はグンマをまだ知らない。」に関する話の続きですが,

まずは,グンマのみそパンの話ね!

話の中にグンマのみそパンはフランスパンに甘い味噌とバターを塗ったやつってのが出てくるんですが,

しかもそれがフリアンっていうパン屋発祥ってのがすごいんだよね!

フリアンっていうのは幼少期行きつけのパン屋で,

ここのパンが美味すぎて,我の幼少期の将来の夢がパン屋になることになったくらいのパン屋さんです!

ちなみに,

このみそパンシリーズで一番美味いのは「あんバタ」です!(ドヤっ!)

ヤマパンかかってこい!

ちなみに,

数軒先にある焼きまんじゅう屋さん(今もあるのかな?),

グンマのソウルフード焼きまんじゅうですが,

ふつうのと違って,酒まんじゅう的なあんこの入ったやつに味噌塗って焼いたやつで,

これがまた美味いんだよ!!

個人的には焼きまんじゅうランキングNo.1です!

…グンマだとあんこ入りは邪道らしいんですけどね(-。-;

ちなみに,

フリアンの隣にペットショップがあるんですが(今もあるのかな?),

そこでふくろうが売っていたんですけど,

そこでその愛らしさにど・ハマりして,

そこから“owl”ってハンドルネームがきてます。

ちなみに,

ふくろうにドはまりした決定打はどっかの動物園で触らせてもらったときです。

アレね,ふわっふわなんだよー(´¬`*)

さて,今日も長くなったので本日はこのへんで,

解散。

「前から5両,籠原止まりです。」第1話。

本の話 2014/08/21 Thu
どうもowlです。

お盆明けたら目つきが悪くなったね,って先輩に言われました。

態度が悪いのは前からですが。。。笑

さて,

ツイッターでしつこくつぶやいていた「お前はグンマをまだ知らない」!

お前はまだグンマを知らない / 井上ヒロト

ドヤ顔でいろんな人に不況して回ってるんですが,

意外とみんな知ってるんですね…ガックシ。

群馬出身,秋田在住の後輩にドヤ顔で紹介したら,

「もう持ってますよ…(-。-;」って言われてちょっと凹みました…笑

我はお盆帰ったときに高崎の本屋ではじめて知ったのに。。。

さて,あらすじ,

主人公がチバからグンマに引っ越すことになり,

グンマにいる友人に連絡したところ「くるな!」と言われ,

気になって調べたら恐怖の結果が待っていた…というところからはじまります。

チバ→グンマに行く電車は高崎線ってのなんですが,

それが必ず籠原って埼玉の駅で止まって前から5両切り離すんですよね(タイトルのやつね)

そこで「うぁあぁあああああっ!?」ってなるっていうのが第1話笑

そこからグンマのローカルな話をおもしろおかしく描いてくれている,

個人的には久々のヒットマンガでございます!

…こっから先語ると長くなるので,何日かに分けます!

本日はここまで!

解散!

エヴァ展行ってきました!

日々の話 2014/08/15 Fri
どうもowlです。

みなさま,お盆いかがおすごしでしょうか?

今年は特に出かける予定を入れなかった我は,そろそろ飽きつつあります笑

と,いうことで,ヒマを持て余しすぎたので,ちょっくらエヴァ展観に横浜に行ってきました!
エヴァ展
横浜SOGO6階でやってます!

序〜Qの映画のメイキングにそって原画とか色々展示してありました。

原画ってキレイだねー(´¬`*)

ていうか細かい!

アニメって完成形でしか見ないけど,

ネームから原画からカメラワークと1つ1つ見ていくと,

よくこんなの作ったなーとただただ関心するばかりす。

てか,爆発した時の爆炎とから波とかも全部人が書いてるんだからなー,すごい!

めっちゃよかったっす!

Qの原画もあったんだけど,

あれストーリーがぶっ飛び過ぎてて,どれがどのシーンだか思い出せんかった笑

あとSOGO店内にでっかい人形が展示されてるんだけど,

アスカとレイとカオルくんと初号機はあるのに,

主人公のシンジくんのがないっていうね笑

そこは展示してやれよ笑

というわけで,なかなかおもしろかったです!

9月までやっているので行ってみるといいと思います。

本日はこのへんで,

解散。

原爆の日に思う。

独り言 2014/08/06 Wed
どうもowlです。

今日は原爆の日ということで,

この日になると思い出すのが広島平和記念資料館に行ったときのこと。

小さいころ家族旅行で連れて行かれたんだけど,

パンフレットを見ただけで「恐い,行きたくない」って感じたのを覚えています。

実際に展示を見たときの気持ちは言わずもがな。

でも,目をそむけるどころか釘付けになってしまった。

あの場所にはそれくらい鬼気迫るものがあったと思います。

大人になると大きな数字を見て,

あー大変だなーとか漠然に考えるようになってしまう。

どこかの紛争で何万人死亡したとかね。

でも,その何万人一人一人に家族がいて恋人がいて友達がいて,

もしかしたらその何万人のうちの一人が自分かもしれなくて,

もしかしたらその何万人のうちの一人が自分の大切な人かもしれなくて,

そう思うと戦争という名の不自然な死は許しがたくて,

絶対にやってはいけないと,自然に思うと思います。

その何万人のうちの一人の気持ちに限りなく近くに立って感じられる場所,

それが広島平和記念資料館だと思ってます。

戦争推進とまでも行かないものの,軍事いいんじゃね?って人はもとより,

義務感や数字を見ただけで,戦争反対!と叫んでいる人も,

一度1人の人間として,戦争の被害にあった1人の人間に向き合ってほしいと思う次第であります。

百のキレイ事より一の行動,

百聞は一見にしかずであります。

もう何十年も行っていませんが,機会があれば,大人になった今もう一度行ってみたいかなと。

では本日はこのへんで,

解散。

最新の!倍返しだー!

本の話 2014/08/04 Mon
どうもowlです。

いわゆる半沢直樹の最新刊,この土日で一気に読みました!

銀翼のイカロス / 池井戸潤

池井戸潤は我が作者買いする小説家の2人のうちの1人(もう1人は真山仁),

その人気シリーズの最新刊なのでめっさ楽しみにしてましたー♪

よくシリーズものはだんだんおもしろくなくなるっていいますが,

半沢シリーズは逆にだんだんおもしろくなってきている気がします。

というのも,最初の方のシリーズとかはドラマになるまでなんでそんなにおもしろいって印象なかった笑

さて,

この「銀翼のイカロス」は大手航空会社の再建にからむゴタゴタを半沢節でぶった切るっていう内容(まとめ方が雑)。

まっ,モデルはご存知◯ALさんでしょうね。

現実で起こった◯ALさんの破綻も,劇中の帝国航空の破綻もそうですが,

国民が必要としている企業がどうして赤字になるのか?

どうして赤字になった企業を「国民に必要だから救わねば!」とか「大きすぎるから潰せない!」という議論になるのか。

市場の原理をシンプルに捉えるなら,

赤字というのは需要と供給の供給過剰という状況であって,

外部環境はあるとは思うけど,

その価格ならいりませーんっていう状況他ならないんだよね。

だから誰がなんと言おうと,国民には不要だし,つぶせないのは当事者の都合ってこと。

じゃあどうするかというと,

需要と供給のグラフにしたがって,

価格を下げるか需要を供給を絞るか。

航空会社に置き換えるなら,コストを削減するか路線を減らすか。

◯ALのリアル再建にあたった稲盛さんも,小説の半沢もこっからがスタート,

んで,お互いの立場で再建に尽力するというわけで,

◯AL再生のIFという視点で読むと非常におもしろい一冊でした。

そして半沢シリーズの一番おもしろい,というかスカッとするところは,正義を貫くキャラクターの存在。

今回も何人か出てきますが,彼らの行動がスカッと感じるんは,

現実でそうじゃない現場を多数見ているからなんじゃないかなと思う。

現実は小説より奇なりといいますが,

半沢シリーズが受けているのはそこが肝なのかなと思います。

だらだらと思ったことを書き綴ってしまいました。

おすすめできる一冊ですので,よかったらどうぞ。

では本日はこのへんで,

解散。