FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

どうなるSTAP,その3。

運営より 2014/04/11 Fri
最初にSTAPの発表があったときは「リケジョがんばれ!」的な話をしていた上司ですが,

最近は再現性が大切だと説きはじめ,

実験手順が悪い人を「O保方さん」とか言っちゃってくれてます。

最低です,どうもowlです。

ついに小保方さんによる反論があったわけですが,

どちらかというと小保方さんよりの立場ではありますが,

技術者として客観的事実,すなわち実験結果に基づいた反論でなく,

不確かな証拠による反論はいかがなものかのと思いました。

再実験もするんだかしないんだかというところから存在が怪しまれるSTAPですが,

共著者が取り下げ拒否,しかも海外の人となると完全に疑うわけにはいかないのかなと。

いずれにせよ,現状逆転ホームランはSTAP細胞の実験を再現する他ならないかなと。

外部のどんな思惑よりも,客観的な事実が大切と思います。

あるのかないのか,早く示してほしいのが本音です。

最期まで信じますので。

さて,

小保方さんの論文不正…という表現はキライなので不備に関して,

しれっと棚にあげてますが,

所属組織である理研の責任追求は重要です。

プレスでは小保方さんの不備をつらつらあげてましたが,

彼女が採用されて3年,

仮に彼女が研究者としての能力がないのだとしたら,

それを見破れなかった理研はどういう運営方法してんだって話です。

素人のネット住民が見破れたのに,

プロの研究者がそれを見破れないなんてありえないす。

理研には素人以下研究者しかいないんですかね?

それとも雇っている研究者の進捗管理とかしてないんすか?

税金つぎ込んでるのに???

小保方さんの研究不正,いや不備は確かに大問題だと思います。

じゃあ,

そんな人を採用した,

しかも3年間も見抜けなかった,

さらにはリーダーに任命した,

その上理研名でプレスリリースだした,

その任命責任は?ってなりますよね。

ワイドショーか何かのように時代の寵児?を攻めるのはいいですが,

それにめくらましされて,本当に責任を取るべき人を見失わないようにした方がいいじゃないかと思います。

では本日はこのへんで,

解散。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。