FC2ブログ

発明の完成とはどこか?

独り言 2015/02/06 Fri
どうもowlです。

我の職場は上場企業なんでね,

当然成果を求められてるわけです。

うちの部署ならいかにして新しい製品を出すか。

新しい製品を出すのであれば新しい技術とか発想とかが大切なわけで,

うちの上もそれを非常に大切にして,「着想した人に成果を与えなさい」と言っています。

じゃあ,着想した人ってなんなのよ?ってのが今日の話。

単純に捉えればそのアイディアを思いついた人ってことになりますよね。

ただアイディアっていろんな段階?があって,

コレやったらうまくいくと思うんだけど,その間の道にどんな障害があるかわからんよねーってときもある。

じゃあエライの「コレやったらうまくいく」って思いついた人なのか?

その間の道にある障害を1つ1つ潰していった人はただ乗り野郎なのか??

そうじゃないんだと思うんだよね。

最初の着想は0から1だから確かに大切だけど,

じゃあそれはホントに0から1なのか?ホントに問題はないのか??

そういうのを1つ1つ検証して,確証を得て,

ホントに1になったって証明した人も同じくらい評価を受けるべきなんだと思う。

この話,よく「コロンブスの卵」と例えられるけど,

卵は立てば終わりだが,実際の発明はそんな簡単じゃない。

彼の航海のように地道にゴールまで行く,それができて初めて成果なんじゃないかと思う。

って話です。

本日はこのへんで,

解散。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK