スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

市場原理とは。

日々の話 2016/02/08 Mon
どうもowlです。

先週末老舗電機メーカーの再建に関する大きな進展がありましたね。

最初は技術流出云々で国内再建が有利な論調に感じましたが,

最終的には金額面で外資。

その後は市場原理が働いたとか,コンプライアンスが機能したとかいろいろ話が出ておりました。

詳しく検証していないのでただの雑感にはなってしまいますが,

個人的には,技術流出云々を除いても,国内再建案はそれなりに妥当性があったんではないかなと思ってます。

実質破綻している企業の再建に対して税金を入れるのであればその額は最低限に抑えるべきだし,

融資した銀行もある程度のリスクを追うべきだし,

当然経営責任は問われるべきだし,

勝負できない製品やコスト高を生み出している体制はリストラされるべきだし,

こられらの提案は至極オーソドックスな内容だと思うんですけどね。

業界再編とかも視野に入れての再建案だという話でしたが,

日本の歪んだ業界を正常にしてふたたび浮上できるように交通整理する,

それに対して税金を投入するってのはある意味ありなのかなと。

もちろん市場のことに国が手を出すっていうのはどうなんだという印象もありますし,

ただの天下り先づくりじゃないかって話もありますが。

対案の外資からの再建案は金額面・内容面を見ても今の当事者にとってはとってもうれしい内容。

そりゃーこっちを選ぶよね。

リストラされるべきところはリストラされるべきって思うし,高い買い物だったのかなとも思うところはありますが,

まっ,買うっていうしお金を出すっていうんだからとやかく言う必要はないかなと。

業務的にもシナジーがありそうな感じだし。

今後どういう運用をしていかれるのか注目ですね。

では本日はこのへんで,

解散。

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。