FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

日本語で歌う。

CとDの話 2008/12/29 Mon
あ,実家に帰って早三日。

んで今年も残すところあと三日。

何を隠そう今年はブルーグラスにどっぷり使った1年だった気がします(あれ,研究は?)

2年の途中に入って早1年半。

やっとギター,ボーカル,ブルーグラス,突き詰めれば自分自身の音楽に対する姿勢を確立できてきたかなという感じです。

まだまだですけど。

そんなわけで(?)今年そんなに一生懸命にさせてくれた音楽に感謝の意をこめて残り3日間,我に衝撃を与えた3枚をご紹介したいと思います!

題して“マイ・レコード大賞2008”

…うぁ,ありきたりだorz

条件は「我が2008年に初めて聴いたCD」

なので新譜だけでなく以前に昔発売されたのも入ってくるので悪しからずm(_ _)m

さて,記念すべき一枚目はこちら↓
ビック・アーティスト・ベスト・コレクション高石ともやとナターシャ・セヴン
「ビック・アーティスト・ベスト・コレクション高石ともやとナターシャ・セヴン/高石ともやとナターシャ・セヴン」

意外と知られていない(少なくとも我は知りませんでした)「陽気に行こう」,「さよならが言えない」などなどのブルーグラスの日本語歌詞の元ネタバンドかと思われます。

高石ともやさんはもともとはフォークソンガーだとか。

親父がよく口ずさんでた「受験生のブルース」も歌っていたと知って驚きました。

フォークソングのルーツを探しているうちにブルーグラスやカントリーと出あったとのこと。

ブルーグラスってまあアメリカの音楽なわけで英語の歌詞が当然ですが,日本語の歌詞を載せて歌っていた人がいたと知ってなんというかうれしくなりました。

いつかはブルーグラスを日本語でできたらな~と思うきっかけになった1枚です。

そんなこんなで今日はここまで!!
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。